アクセスカウンタ

トッシーの山歩き

プロフィール

ブログ名
トッシーの山歩き
ブログ紹介
山歩き、登りの辛さを忘れる
           出会いの楽しさ!
還暦を迎えた夫婦で出掛ける山歩きの思い出日記を皆さんに見て戴き、更なる出会いが出来るといいなー・・・なんてヨロシク!「トッシーのイッペ、コッペ歩き」http://toshi33.at.webry.info/も宜しく

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ブログ移動のお知らせ
http://toshi33.at.webry.info/をクリックしてください。 ”トッシーのイッペコッペ歩きに”新しく掲載します。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/10/06 23:39
雨の尾瀬山歩き(燧ケ岳&至仏山)
雨の尾瀬山歩き(燧ケ岳&至仏山) 7月12〜16日、高速バス利用で出掛けた尾瀬が原・燧ケ岳(2356m)・至仏山(2228.1m)だったが、雨に降られて散々だった。自宅で見た、この期間予報は、ばっちり曇りや晴れマークで期待してでかけたんだが。13日午後、登山基地の鳩待峠に着く頃から雨粒が落ちてきた雨合羽を着こんで”尾瀬ヶ原”見晴らしの今夜の宿泊小屋を目指した。例年、この時期には一面に咲くニッコウキスゲで尾瀬ヶ原が一面、黄色で埋め尽くされるそうだが、今年は遅れているらしい。 燧ケ岳も山頂をガスが覆っている ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/07/24 19:12
梅雨空の中”粟賀山”へ
梅雨空の中”粟賀山”へ 6月8日午前中は持つだろう?今日にも梅雨入りの予報の中でかけた。兵庫50山の粟賀山、西宮市立山東少年自然の家脇の道を進むと直ぐに登山口に到着。登山口には、昨年の台風被害の復旧工事のため、」一部コース(谷からの滝コース)への立ち入り注意の看板も立てられていた。この山は但馬と丹波の国境にありアンテナが林立し何処からも良くわかる。頂上からの眺望もいいのだが、梅雨空のどんよりした天気でガスがかかり周囲の山の展望はきかなかった。初め植林の中の道を進む。植林の道が終わると、今度はNTTの管理する道路を2Km... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/12 21:20
”大普賢岳”(関西百名山)
”大普賢岳”(関西百名山) 登山道から行者還岳、八経ケ岳を臨む! 好天に恵まれた5月21日、・・日帰り登山で大峰山系最高峰>"大普賢岳” (1779.9m)に出掛けた。登山口のある和佐又フュッテの駐車場にはすでに20台ほどの車が停まっていた。8時30分私達5人も山頂を目指し、キャンプ場脇の登山道に取り付く和佐又のコルからすぐに無双洞分岐を右に進み、笙の窟を通るコースにとる。この辺りの木の幹に鋭い熊?の爪あとが見られる。笙の窟は「役の行者」の修験場の一つで日本ケ岳の岩壁中腹、1450mの地点に開口する自然岩窟である。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/01 16:59
(兵庫50山)虚空蔵山・西光寺山 パートU
(兵庫50山)虚空蔵山・西光寺山 パートU 陶の郷から20分くらい北西方向に車を走らせると、西光寺山への登山口に着く。登山口は広く真っすぐ伸びる林道?からスタートする。途中5〜600m行ったところに貯水池があり西光寺山を綺麗に映しているその先すぐにサギソウの自生地がある、8月頃にはサギが羽を広げたような可憐な花をつけるだろう。更に進むと道幅も狭くなり階段も無く歩きやすい登山道となる。道の両脇にはウバメ樫の木が多く炭焼き窯もある。今もここで炭を焼いているんだろう?又椿の花も盛期は過ぎたが多く見られた。、1時間余りで山頂に・・・ここには小さな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/01 10:36
(兵庫50選)虚空蔵山/592m・西光寺山/713m パートT
(兵庫50選)虚空蔵山/592m・西光寺山/713m パートT 虚空蔵山(こくぞうさん 592m)は、十三参りの虚空蔵さんが中腹にあることから付けられたそうだ。篠山市西方に位置する今田町立杭’陶の郷’(立杭焼の展示館や体験館などががある。)からスタートした。今朝の冷え込みは、何なんダ---陶の郷に着くとあたりの木々に白く雪がついている。陶の郷の直ぐ脇の登山道から登ることにして出発・・この時期に雪を踏みしめながら登るとは予測していなかった。 登山道は初めヒノキの植林の中の平凡な階段登りが続く。 30分程で藍本駅からのコースが合流する.何時もは早朝登山者など... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/31 22:21
丹生山縦走(23Km+α) 3月26日
丹生山縦走(23Km+α) 3月26日 神戸六甲の背山として位置する丹生山系縦走は、かって帝釈山系とて呼ばれており東西15Kmにわたる山系である。神戸電鉄の恒例登山として定着している。(本年より一部のコース変更がある) 我々も妻を含む4名で自宅のある緑が丘を8時にスタート。東播磨の水がめ呑土ダムを横目に山陽自然歩道から縦走に挑戦した。このコース・・・500m余りの5つの峰(シビレ山〜朝日山〜丹生山〜帝釈山〜稚児墓山)を縦走する。シビレ山への登りからは’わが町の富士’雄岡山・雌岡山(おっこうさん・めっこうさん と読みます。)を見ることが... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/03/27 14:04
金剛山(関西100名山)
金剛山(関西100名山) 金剛岳(1125m)、湧出山(1112m ),大日岳(1094m)を総称して金剛山と言うそうだ。金剛と言うと何か力強く頑強な男の代名詞みたいな印象がする。今日(25日)は好天に恵まれ気温も上昇、山での雪化粧・樹氷は残念ながら期待できない中、約2時間余りのドライブで9時前千早本道の登山口に到着した。金剛生駒国定公園の中心的存在で水越峠を挟んだ北側には、5月には全山ツツジで紅く染まる葛城山もスグ近くにあり、縦走のコースもある。 登山口から直ぐ急登の階段のぼりだ・・この山を知る人達はこのコースを下り... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/26 16:51
'06年初登山・千が峰(兵庫50山)
'06年初登山・千が峰(兵庫50山) 各地から雪の積雪情報が毎日報じられているが、年明け早々の1月4日初めての登山に出掛けた。毎年一度は登るこの山も12月〜1月にこれほど積雪していたのは初めて?・・・山頂からは360度遮るものの無い展望の良い山で、私の好きな山の一つだ途中の三谷登山道の小滝の飛沫がツララとなりシャンデリアのように光っていた。一昨年秋各地での熊出没情報が報道されていたが、ここでも昨年5月親子の熊が出没したとのたて看板が立っていた。くれぐれもご注意のほどを!! ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2006/01/06 15:07
六甲山の冬
六甲山の冬 神戸の背山として親しまれる六甲山は気軽に登れる観光コース、初心者から熟練者にいたる様々な変化に富んだ登山が楽しめます。・・・と言うわけで今日は日本列島を冷蔵庫にした、12月の大寒波で積雪最深記録が全国各地で報じられている中、(18日)朝の六甲山の雪化粧を見るため出かけた。 写真は紅葉谷登山道から見た樹氷凍結した七曲滝(12月としては珍しい) バス、ケーブルを利用すれば簡単に登ることが出来ます。神戸の市街地から歩いて約3時間(往復4〜5時間)など多くのコースがあり、有馬温泉からも登るルートが拓か... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/12/19 17:24
六甲全山縦走(56km)
六甲全山縦走(56km) 毎年神戸市の主催で11月実施されているが、私は妻と二人12月10日須磨浦公園〜宝塚(塩尾寺)(妻は初めて・私は4回目)見事に頑張り通した。六甲の連山7つの大きな峰(旗振山・横尾山・高取山・菊水山・鍋蓋山・摩耶山・六甲最高峰)を縦走する過酷な登山である。始発電車に乗車(5:12)出発地の須磨浦公園に(6:15)準備の足慣らしからスタート。直後から急な階段のぼり、私達と同じ頃神戸の高校野球部の生徒たちもスタート・・私たちをアット言う間に追い抜いて行く。スタートから1時間、ようやく日の出の時間だ。**... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/12/11 19:23
三嶽(みたけ)〜小金ガ岳
三嶽(みたけ)〜小金ガ岳 兵庫県篠山市の北部に位置する多紀連山(多紀アルプス)は最高峰の御嶽(793m)、東の小金ガ岳 (725m)などが連なる。今日はOさん,Tさん、妻と4人で出掛けた。今日の目的はこの篠山方面にこの時期に見られる素晴らしい雲海を見るために三木市の自宅を早朝5時30分出発・・峠の登山口に着くと下界に雲海が山々を浮かび上がらせている。我々山の好きな者には最高の贈り物であるが、毎日霧に覆われる盆地の方達には何ともいやな季節ではないかと察します。いきなりの急な階段の登山道を上り詰めると役行者の祀られた石室に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/21 22:14
御嶽〜小金が岳(A)
御嶽〜小金が岳(A) 登山口に戻り、道路を挟んだ東に小金が岳(725m)への道がある。最初は杉の植林の中を緩やかな登りであるが、最初のピークあたりから岩の登りが始まりスリリングな鎖場もある。小1時間で山頂に、ここも又雲海が広がって最高だ・・・回りの景色をゆっくり堪能しながら早い昼食を済ませた。 紅葉も黄色の中に紅く色ずいているのがみられる。”早起きは三文の得”私達にも自然界の素晴らしいプレゼントをもらった・・・下山後、途中の温泉にて疲れを洗い流しスッキリした気分で帰路についた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/21 22:11
紅い実(ピラカンサス)
紅い実(ピラカンサス) ピラカンサスの実が深紅に色付き青い空に映えます。我が家の前の空地に自生したものです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/17 11:22
百匁柿(ひゃくめかき)
百匁柿(ひゃくめかき) 自宅前の空地に植えた百匁柿が色付いて秋の深まりを感じるようになりました。 この柿の木、渋柿と甘柿が同居していてその選別に苦慮しています。 でも、甘さは最高・・・どの柿にも負けません。最後の一個は鳥に食べていただこう〜と残しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/17 11:21
藤無山登山
藤無山登山 10月30日兵庫50選藤無山に登った。 標高1167m、まだ紅葉には早いとは思ったが初老の男五人で出掛けることにした。 大屋スキー場の駐車場に車を停めて登山口スキーゲレンデの中をリフト頂上まで真っすぐに登る。 このスキー場雪はなくてもプラスチックのゲレンデで若者たちがスキーを楽しんでいた。 リフト頂上からは林道を経て登山道に入るのだが、今林道の工事中で登山道が寸断されていて入り口を探すのに一苦労した。(工事のおじさん達にお願い・・表示をしておいてくださいネ!) 40〜50'分林道を行... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/11/03 20:01
天滝
天滝 NHKの朝の連続ドラマ”ふたりっ子”で一躍有名になった大屋町にある『天滝』は、日本の滝百選にも選ばれ、いま紅葉まつりが行われている。天滝にいたる渓谷を駐車場から歩いて20分でいける。 文字通り天から(高さ98m)流れ落ちるとの表現がピッタリの名漠である。 紅葉はまだ始まったばかりであるがこれから1〜2週間で色濃くなるだろう。見ごろは出来るだけ天気の良い早朝に行くと滝にかかる虹が見られるでしょう。 以前は、この滝を横切るような形で遊歩道の橋が架かり滝全体を見ることが出来なかったが現在は前を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/02 12:04
黒尾山(兵庫50選)
黒尾山(兵庫50選) 県内の最も南にある、1,000m峰で山頂(1025m)からの展望の良い山である。案内板によると明石大橋も見渡せるとのことであるが霞がかかり見ることは出来なかった。植林の林道を約60分で登山口の案内板に着く。ここから、右、中央、左の3コースに分岐している。私たちは、山頂に真っすぐ伸びる中央コースを選択した。最短の道のりだろうが、急な登りである。視界も植林に拒まれてほとんどゼロ・・ 登山口から60分虚空蔵菩薩の祠につく。大きな岩の庇を社のように祀られている。ここから20分で山頂に着いた。天気もよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/17 20:47
三鈷峰(さんこほう「1516m」)回顧録
三鈷峰(さんこほう「1516m」)回顧録 2002年10月27日、伯耆大山、東側に聳える登山で体験した 紅葉と初冠雪の様子です。 ブナの紅葉(黄)と雪のコントラストが素晴らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/15 23:30
崩壊の進む大山北壁
崩壊の進む大山北壁 夏山登山道には、団体客も含んで行列が出来るほどの登山客で大賑わいだ。 『山の神』の祠ある5合目からは、弓が浜の綺麗な曲線が見え隠れする。右手の行者谷コースを見送って山頂を目指す。ブナの樹林もおわりここからは低木の林に替わる。東方に三鈷峰、南前方に荒々しく崩壊した大山北壁が見られるようになる。 九合目からは大山キャラボクの純林が木道の両側に広がっている。目指す山頂はもうスグ・・座る所もないくらいの山頂に到着、ビールで乾杯して弁当をほうばった。北壁はスッキリ晴れ、山頂を境に南壁はガスに覆われてな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/10 15:05

続きを見る

トップへ

月別リンク

トッシーの山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる